ラーメン めろう

  06, 2012 13:16

5月6日 昼。


強風吹き荒れる中、3月にオープンしたばかりの、めろうさんへお邪魔しました。


店主は、ぎんや、晴レル屋、四十などで修行された方みたいです。


15分圏内なので近くていいですね。


駐車場は裏手に5台分用意されてます。



pikoのラーメンな日々


pikoのラーメンな日々

pikoのラーメンな日々

pikoのラーメンな日々

pikoのラーメンな日々

pikoのラーメンな日々

pikoのラーメンな日々


海老トマトつけめん+ひつまぶし焼き豚飯(850円+350円)


2度目の訪問になります。


店内に入ると客足もまばら、並ばなくていいのは嬉しいですね。


前回来た時には、近日発売の文字だった「海老トマトつけめん」、


と「まぜそば」が券売機で押せるようになっていました。


すかさず、海老トマトと「ひつまぶし焼き豚飯」をポチっとな。


綺麗に盛られた器に目をやると、チャーシュー、焼きトマト、糸唐辛子、


玉葱、メンマ、バジルが振り掛けれてます。


そして一際目を引く三角形の物体は、クラッコットと言うらしいです。


フランスから由来した、堅パンの一種だそうです。


つけダレの中には、干し海老でしょうか、小さいのが沢山入ってます。


それでは頂きます!


なるほど、いきなり海老の風味が強烈にやって来ますね。


スープは粘性がありトロっとしたもの、とても濃厚です。


ただトマトの存在感が希薄です、もう少し酸味を効かせて欲しいところです。


バジルがつけダレに馴染むと、イタリアン風味も加わります。


麺は太くてしっかり締められてて、スープの持ち上げもいいです。


おかげで、つけダレが減るのが早いです。


クラコットはスープに浸して食べました。パリパリっとした食感が面白いですね。


焼きトマトは1つじゃ物足りない、もう2,3個欲しいところです。


チャーシュー、メンマは特に思うところはないかな。


最後は、スープ割りを頼みましたが、


これが薄っぺらくなってしまってイマイチでしたorz


焼き豚飯の方は、タレ風の和風出汁をかけていただきます。


名前の通り、ひつまぶしそのものですね。


ゴロゴロっとしたチャーシューと、荒微塵に切られた玉葱がいいアクセントになってます。


思いの他ボリューミーで、食べ終わる頃にはお腹がパンパンに。


同じ海老のつけめん、以前三郎で頂いた一杯 の方が断然好みです。


「まぜそば」もまた食べに来なきゃいけませんね^^;


ごちそうさまでした!


好み度 ★★★ 3



ラーメンめろう

愛知県長久手市塚田1316

休 月曜日

関連記事
スポンサーサイト

つけ麺,めろう,

0 Comments

Post a comment